職業実践専門課程 全学科認定!

最新実務の技術・知識を学べる学校の証

職業実践専門課程は、専門学校のうち企業などとの密接な連携により、最新の実務の知識等を身につけられるよう教育課程を編成し、より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組むものを文部科学大臣が認定する制度です。

文部科学大臣が認定し、奨励することで、専門学校における職業教育の水準の維持・向上を行っていくことを目的としています。本校では今まで行ってきたカリキュラム内容や、インターンシップなど企業との連携等への取り組みが評価され、全3学科(マンガデザイン学科、アニメーションデザイン学科、声優学科)で認定を受けました。引き続き業界直結の授業を展開してまいります。

 

 

文部科学省より、専修学校の専門課程における職業実践専門課程の認定に関する規程を次のように定めると告示がありました。(文部科学省告示百三十三号/平成25年8月30日)

目 的

専修学校の専門課程(以下「専修学校専門課程」)であって、職業に必要な実践的かつ、専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術および技能について組織的な教育を行うもの(以下「職業実践専門課程」)を文部科学省が認定して奨励することにより、専修学校専門課程における職業教育の維持向上を図ることを目的とする。

 

認定に関する主な要件

  1. 修業年限が2年以上であること。
  2. 専門分野に関する企業・団体等(以下「企業等」)との連携体制を確保して、授業科目の開設、その他の教育課程の編成を行っていること。
  3. 企業等と連携して、実習、実技、実験または演習の授業を行っていること。
  4. 全過程の終了に必要な総授業時間数が1700単位時間以上または総単位数が62単位以上であること。
  5. 企業等と連携して、教員に対し、専攻分野における実務に関する研修を組織的に行っていること。
  6. 学校教育法施行規則第189条において準じる同規則第67条に定める評価を行い、その結果を公表していること。
  7. 前号の評価を行うに当っては、当該専修学校の関係者として企業等の役員または職員を参画させていること。
  8. 企業等の連携及び協力の推進に資するため、企業等に対し、当該専修学校の教育活動その他学校運営の状況に関する情報を提供していること。

 

札幌マンガ・アニメ学院
情報公開