学校紹介

夢を叶える出会いがある学校。それが札幌マンガ・アニメ学院です。

第一線で活躍するプロの講師や夢を叶えたセンパイたち、憧れの作品やキャラクター、共に学ぶクラスメイト、デビュー・就職の入口になるマンガ編集部や声優プロダクション新人発掘スタッフなど…札幌マンガ・アニメ学院で学ぶ2年間は出会いの連続です。

その出会いこそが、あなたの「夢」を叶えるステップになると本校は考えています。ずっと思い描いてきた夢を実現するチャンスが札幌マンガ・アニメ学院には無限に広がっています。あとは最初の一歩を踏み出すだけ!さぁ、一緒に夢を叶えましょう。

学校の特長

北海道初のマンガ・アニメ・声優の専門学校

札幌マンガ・アニメ学院は北海道からマンガ・アニメ・声優業界で日本、そして世界で活躍する人材の育成を目的として、2008年4月 前身となる札幌デザイナー学院アニメ・マンガ学科から分離・独立し、専門学校として開校しました。北海道初のマンガ・アニメ・声優分野に特化した専門学校になります。

 

本校は開校時から授業内容、実習環境、デビュー・就職サポートの改善をつねに行っています。基礎からプロレベルの技術・知識を学ぶことで、時代に左右されない、高度な表現を持った人材を育成。日本の文化とも言えるマンガ・アニメ・声優業界への人材輩出・発展に貢献していきます。

北海道トップクラスのデビュー実績

北海道トップクラスのデビュー実績

ネットショップ・書店を見れば、卒業生のコミックスや掲載された雑誌、さらにはアニメ化された映像作品が多数並んでいます。アニメーションではキャラクターを演じる声優や、制作スタッフで卒業生の名前が紹介されるなど、本校の卒業生は今のマンガ・アニメ・声優業界を支えるプロとして活躍中です。

東京直結のデビューサポート制度 BIGEGGS ビッグエッグス

デビューを支える充実のサポート体制

入学時からデビュー・就職に向けてのサポートが始まります。東京に行くことなく本校でマンガ編集部による添削会・声優プロダクションによるオーディションに参加できるなど、独自のデビューサポートを展開しています。

またアニメーション制作会社への就職に対しても学内企業説明会・面接会を行うなど、学生一人ひとりに合わせたバックアップ体制を整えています。

教育目標

教育目標 『プロ』になる!『社会人』になる!

『プロ』になる!『社会人』になる!

マンガやアニメーションをつくりだす、キャラクターを演じる原点は「感性」です。つまり感性を受けとめる「感受性」を鍛えることが、すべての基本になります。それを研ぎ澄ましてこそ、感動を生みだす「表現力」を高めていくことができます。

 

札幌マンガ・アニメ学院では、業界直結の設備、第一線で活躍するプロの講師陣、業界セミナーをはじめとした万全のサポートで「技術」「知識」「感受性」「表現力」を学びます。さらに「伝え合う-コミュニケーション能力」を加え、社会人にふさわしい人格と常識をそなえた本当のプロフェッショナルへと、あなたを導きます。

認可校と専門士

北海道知事『認可』の専修学校

札幌マンガ・アニメ学院は学校教育法第124条に定める専修学校基準に基づく正規の高等教育機関として、北海道知事認可を受けた専修学校です。教育事業を通じて社会に貢献する人材の育成に努めています。

 

■認可校の特典
学生割引の利用、通学定期の利用、日本学生支援機構奨学金の利用、教育ローンの適用

卒業時に『専門士』が付与されます

札幌マンガ・アニメ学院卒業生には「専門士」の称号が与えられます。

 

■専門士の要件
・修業年限2年以上
・課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上
・試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っている

以上の規程を満たしていることを文部科学大臣に認められ、本校の修了学科において「専門士」の称号が付与されます。

職業実践専門課程に全学科認定

最新実務の技術・知識を学べる学校の証

職業実践専門課程は、専門学校のうち企業などとの密接な連携により、最新の実務の知識等を身につけられるよう教育課程を編成し、より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組むものを文部科学大臣が認定する制度です。

 

文部科学大臣が認定し、奨励することで、専門学校における職業教育の水準の維持・向上を行っていくことを目的としています。本校では今まで行ってきたカリキュラム内容や、インターンシップなど企業との連携等への取り組みが評価され、全3学科(マンガデザイン学科、アニメーションデザイン学科、声優学科)で認定を受けました。引き続き業界直結の授業を展開してまいります。

 

文部科学省より、専修学校の専門課程における職業実践専門課程の認定に関する規程を次のように定めると告示がありました。(文部科学省告示百三十三号/平成25年8月30日)

目的

専修学校の専門課程(以下「専修学校専門課程」)であって、職業に必要な実践的かつ、専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術および技能について組織的な教育を行うもの(以下「職業実践専門課程」)を文部科学省が認定して奨励することにより、専修学校専門課程における職業教育の維持向上を図ることを目的とする。

認定に関する主な要件

修業年限が2年以上であること。

専門分野に関する企業・団体等(以下「企業等」)との連携体制を確保して、授業科目の開設、その他の教育課程の編成を行っていること。

企業等と連携して、実習、実技、実験または演習の授業を行っていること。

全過程の終了に必要な総授業時間数が1700単位時間以上または総単位数が62単位以上であること。

企業等と連携して、教員に対し、専攻分野における実務に関する研修を組織的に行っていること。

学校教育法施行規則第189条において準じる同規則第67条に定める評価を行い、その結果を公表していること。

前号の評価を行うに当っては、当該専修学校の関係者として企業等の役員または職員を参画させていること。

企業等の連携及び協力の推進に資するため、企業等に対し、当該専修学校の教育活動その他学校運営の状況に関する情報を提供していること。

沿革

1989年11月 北海道知事より法人認可。
1990年4月 札幌デザイナー学院、札幌スクールオブビジネス開校。
1995年3月 文部科学省より「専門士」称号付与の認定。
1997年3月 札幌デザイナー学院にマンガ専攻を北海道内専門学校で最初に設置。
1999年3月 札幌ビジュアルアーツ(音響学科、ゲーム制作学科、映像学科、写真学科)開校。
2000年3月 札幌デザイナー学院に道内専門学校初の声優専攻を新設。
2002年3月 実習棟竣工(音楽練習スタジオ6階、スポーツジム、トリミング実習室、ペット看護実習室、アジリティールームなどを設置)。
2004年9月 総合校舎屋上にフットサルコート完成(北海道内専門学校初)。
2004年11月 四日市大学と編入学における提携を結ぶ。
2005年3月 アメリカ合衆国ハワイパシフィック大学と語学短期集中研修プログラム(PEP)に関する提携を結ぶ。
2005年4月 札幌デザイナー学院に声優レッスンスタジオ、音楽練習スタジオ完成。
2005年4月 総合校舎1階にカフェ(店名:ラシェル)オープン。
2006年5月 新校舎(地下1階、地上10階)完成。
2007年4月 ビューティーデザイン学科 2008年4月設置。
2007年5月 アメリカ合衆国ニューヨーク州 ロングアイランド大学 C.W.POST校と編入学提携を結ぶ(札幌デザイナー学院・札幌ビジュアルアーツ)。
2007年11月 北海道初のマンガ・アニメ・声優分野の専門学校「札幌マンガ・アニメ学院」が北海道知事より認可を受ける。
2008年3月 北海道内専門学校初のチャペルを設置したブライダル実習室が完成。
2008年4月 札幌マンガ・アニメ学院 開校。
2009年11月 総合校舎隣に新校舎(地上9階)着工。
2010年4月 札幌デザイナー学院、札幌スクールオブビジネス 開校20周年。
2010年11月 新校舎 完成。
2011年6月 札幌観光ブライダル・製菓専門学校が北海道知事より許可を受ける。
2012年4月 札幌観光ブライダル・製菓専門学校 開校。
2014年3月 札幌デザイナー学院、札幌マンガ・アニメ学院、札幌ビジュアルアーツ、札幌スクールオブビジネス、札幌観光ブライダル・製菓、
全5校2年制18学科が文部科学大臣より「職業実践専門課程」に認定。

アクセス方法

〒060-0042

札幌市中央区大通西9丁目3-12


地下鉄 東西線「西11丁目駅」4番出口 徒歩約2分

地下鉄 南北・東豊線「大通駅」1番出口 徒歩約7分

JR「札幌駅」南口 徒歩約20分

SNSの紹介

Translate(翻訳)